食べて、祈って、恋をして

2010/09/20 21:44 に hiroji miyazaki が投稿
別に映画レビューのためのページではないのですが、また映画のレビューです。

福井の映画館で「食べて、祈って、恋をして」をみてきました。

ネットでレビューを見ると酷評が続く。

共感できないらしい。
なるほど、
男性から見れば、自分の妻や部下が「自分探しの旅にでて、イタリアとインドと
バリに行く」といいだしたら『クラクラ!』っとしてくる。完全に理解不能だ。

女性から見ても、「そんな暇と金があるか!」というところのようだ。

しかも原作を読んでいないと、話がとんでよく解らないところがいくつかある。


それでも、ヨガをしている人には見てもらいたいなと思う。

ヨガ的に見れば僕には少し難しい映画だったが目から鱗が一枚落ちた。

経験的な確信では、旅をしていると、必然的な出会いが繰り返されていく。

でも本当は旅をしていなくても、前向きに生きていれば同じなのかもしれない。


これをみて、旦那や上司を『クラクラ!』っとさせて欲しい。